Lawyers at the Court of Paris
International business and private

永澤 亜季子

弁護士
フランスで正規の弁護士資格であるCRFPA、C.A.P.A.両資格を保持し、フランス国内外企業、個人事業家に対し、各種商事契約の交渉と作成、継続的な取引の終了や営業資産売買における助言、労働契約の終了手続に関する助言と補佐、その他不動産法、財産法、芸術法、国際私法分野での助言等を行っています。また不動産・営業権取引仲介業務の認可を受けており、フランス内外における建築中の物件に関する取引案件、賃貸借契約紛争の解決を手がけるほか、パリの国際特許事務所や著作権協会、オークションハウスでの勤務経験を活かし、知的財産権の保護に関する助言を行っています。

学歴

  • 東京大学法学部(法学士)

  • パリ第2大学大学院法学修士(Master 2)

  • パリ第11大学法科大学院 (CRFPA)

  • ベルサイユ控訴院付司法研修所終了、CAPA取得

専門分野

  • 商事取引・契約法

  • 不動産法・建築法務

  • 知的財産・芸術法

  • 労働法

  • 国際私法

使用言語

  • フランス語
  • 英語
  • 日本語

著書、論文等

  • フランス暮らしと仕事の法律ガイド(勁草書房)

  • 特許庁委託事業:発信者の知的財産権侵害行為に対してプロバイダーが負う法律上の責任 – フランス、EU (2021年3月)

  • 海外法律実務便り・フランス (有斐閣, 月刊ジュリスト、2014年)

  • Law & Technology, No.65 “フランスにおける書籍の価格規制と反アマゾン法” (民事法研究会, 2014年10月)

  • 日経BP知財Awaness (日経BP社) – “フランス知財戦略”

  • 権利行使態様の多様化を踏まえた特許権の効力のあり方に関する調査研究‐フランス(2011年, 知的財産研究所)

  • “フランスの女性…日本の女性”(フランスニュースダイジェスト)、2015―2016年